高性能、小型化する盗聴器

「盗聴」というと、ほとんどの人は、「自分には関係がない」と思うと思います。
自分の家に盗聴器が仕掛けられているなどというのは、ちょっと考えつかないことですよね。

でも実際の話、盗聴は現在、とても多くなっています。
高性能で小型の盗聴器が、秋葉原などでいくらでも売られており、もちろん全く知らない他人が、家に忍び込んで盗聴器を仕掛けるのは、なかなか難しいことにはなりますけれど、もし知り合いで、家に入ることができる人であれば、その人が盗聴器を仕掛け、それに気付かないままでいることは、決して少なくないんです。

 

【盗聴器はどんなものがあるの?】

盗聴器は、秋葉原などの専門店のほか、通信販売でも多くの種類が販売されています。
現在では小型化、高性能化が進んでおり、また値段も安くなっています。

電話を盗聴する場合には、まずは受話器内部に仕込まれるのが一般的です。
ただもちろんこれは、盗聴しようとする人の家に、入ることができなければ仕掛けることができません。

それに対して現在では、屋外の電話架線から盗聴するケースもあります。
屋外の電話線ヒューズボックス内に仕掛けるもので、これならば家に入る必要がありませんので、仕掛けるのはより容易となります。

部屋の話し声や物音を拾う場合には、電源コンセントやACアダプタ、三叉コンセントなどに盗聴器が仕込まれることが多くなっています。
これらの装置は、いずれも電源を直接用いることができるようになるため、電池の交換などは不要、半永久的に使用することが可能となります。

賃貸住宅などの場合、電源コンセント内部に盗聴器が仕込まれていると、それを知らずに次の人が入居してしまい、盗聴の被害を前の住人からそのまま引き継いでしまうことも珍しくありません。

これらの盗聴器は、電波によって外から受信できるようになっているものですが、その他に録音用の盗聴器もあります。
物音を感知して録音がスタートするもので、これは回収が必要となりますが、より効率的に盗聴を行うことができます。

録音用の盗聴器は、電卓や筆記用具、置物などの中に仕込まれていることが多く、パッと見ても盗聴器だと気付くことは困難です。

マンションやアパートの隣の部屋から、盗聴を行うことが出来るような機器もあります。
「コンクリートマイク」と呼ばれるもので、コンクリートの振動を感知して、それを音声として聞くことができるようにするものです。

窓ガラスの振動を、音声に変換することができる盗聴器も存在します。

 

【盗聴はどんな目的で行われるの?】

盗聴は、様々な目的で行われることになります。
まずよくあるパターンは、奥さんの浮気を疑い、ご主人が仕掛けることです。

ご主人は家にいくらでも入ることができますから、盗聴器を仕掛けることは簡単です。
この場合、録音用の盗聴器を使い、効率的に盗聴することが可能となります。

またストーカーによって、盗聴が行われることもあります。
ストーカーは多くの場合、元彼氏、元彼女ということになりますので、彼氏・彼女である時期に盗聴器を仕掛け、その後ストーカーとなってから、盗聴を続けることが少なくありません。

また盗聴マニアと呼ばれる人がいて、その人達はホテルや自分が住んでいた賃貸住宅に盗聴器を仕掛け、他人のやり取りを盗聴することに喜びを感じるということもありますので注意が必要です。